お問合せ・資料請求

仮申込み

ドローン

ドローン教習所

 

ドローン教習所伊賀名張校 令和2年11月1日認定

 

ドローン検定協会の三重県初認定校となる「ドローン教習所 伊賀名張校」は、なばり自動車学校が運営する空の教習所です。これまでの自動車教習のノウハウを取り入れた無人航空機講習カリキュラムを使用して、基礎的な知識と技術を習得し正しい知識で安全なフライトができるパイロットを育成します。

講習について

ドローン教習所伊賀名張校ではドローン操縦に関する基本操作から関係法令の知識までを短時間で習得できます。無人航空機講習カリキュラムによって、受講開始までに無人航空機(ドローン)の操縦経験がなくても、修了時には許可・承認申請に必要な最低限の操縦能力を身に着けることができます。また、ドローン操縦士としての資格を取得することが可能です。ドローンはこれからの社会にとって大きな可能性を秘めた無人航空機です。機体や操作性も短期間で向上し、小型で安価になり、誰でも簡単に操縦できるようになってきています。しかし、知識が不足している状態でドローンを飛行させ法律を犯したり、第3者に迷惑をかけたり、事故が起きている現実があります。ドローンが近い将来、社会のインフラになった時、正しい知識で確かなフライトができるパイロットを育てることが今求められています。ドローンを飛行させる上で、知っておかなければならない法律は専門的で多岐に渡るため非常に複雑です。講習を受け、確かな知識を持ち安全に飛行できる操縦能力をしっかりと身に着ける必要があります。

ドローン基礎講習内容

■時間
講習1日目 9:10〜18:30
講習2日目 9:10〜19:00

■持ち物
受講料金・筆記用具・昼食
■ドローン基礎講習:初めての方や初心者の方向け
基礎技能講習修了認定書を発行します(ドローン検定協会)
国土交通省に申請可能な10時間のフライト実績が2日間の講習で達成します。 ドローンが初めての方(ドローン検定非保持者)を対象としたコースです。
ドローン基礎講習を修了すると、下記許可・申請を省略できます。
・DID(人口密集地区)上空での飛行許可申請
・人または物件と30mを確保できない飛行をするための承認申請
①ドローン検定3級取得講習
ドローンを安全に飛ばすために操縦に必要な基礎知識と関係法令の知識を学びます。座学講習(計4時間)の修了者には無人航空従事者試験3級の試験に合格した時に発行される認定証と同じものが発行されます。
②ドローン操縦士基礎講習
ドローンを操縦するための基礎知識(航空法、飛行道理、気象と風、機体の名称や動き、操作方法、操縦者の責任など)を学び、国交省航空局への許可申請に必要な「飛行履歴10時間」の確保、国交省航空局管理団体のドローン検定協会の講習マニュアルに定める訓練技量内容に準ずる離着陸、ホバリング、前後左右移動などの基本を最短2日間で習得します。
受講料  | ①+② 80,000円+税

ドローン操縦士基礎講習内容

■時間
時間はお問い合わせ下さい。

■持ち物
受講料金・筆記用具・昼食
■ドローン操縦士基礎講習:ドローン検定4級以上取得済みの方
基礎技能講習修了認定書を発行します(ドローン検定協会)
国土交通省に申請可能な10時間のフライト実績が講習で達成します。 ドローン基礎講習を修了すると、下記許可・申請を省略できます。
・DID(人口密集地区)上空での飛行許可申請
・人または物件と30mを確保できない飛行をするための承認申請
②ドローン操縦士基礎講習
ドローンを操縦するための基礎知識(航空法、飛行道理、気象と風、機体の名称や動き、操作方法、操縦者の責任など)を学び、国交省航空局への許可申請に必要な「飛行履歴10時間」の確保、国交省航空局管理団体のドローン検定協会の講習マニュアルに定める訓練技量内容に準ずる離着陸、ホバリング、前後左右移動などの基本を最短2日間で習得します。
受講料  | ② 65,000円+税

講習日

令和3年4月10日(土)11日(日)予約申込み  
令和3年3月29日(月)30日(火)満席
令和3年3月27日(土)28日(日) 満席  
令和3年2月28日(木)29日(金) 満席
令和2年12月28日(土)29日(日) 満席
講習1日目 9:10〜18:30 8:30受付開始
講習2日目 9:10〜19:00

受け入れ可能人数に達した場合はその時点で予約受付を終了します。



ドローン空撮プラン

なばドラのドローン操縦者は安全に飛行するための講習を受けた上で日本全国包括申請済み(航空法第132条第2号、航空法第132条の2第1号、第2号及び第3号)です。動画や写真の加工、編集も別途費用はかかりますが可能です。

空撮料金

撮影内容・時間、使用機材、撮影場所、その他撮影ご希望日によっても異なります。ご希望を確認後、お見積書をご提示いたします。

写真撮影 動画撮影
15,000円〜 30,000円〜

安全飛行の体制

□安全対策

ドローンの撮影飛行は、操縦者と補助者の2名体制で行っております。航空法及び電波法を遵守しています。

□フライト前点検

ドローン飛行前には、次の確認事項を徹底しております。弊社作成の撮影点検表(飛行経路、飛行開始・着陸時点検)の作成。飛行前における周囲環境の確認。競合電波、妨害電波の確認。

□保険

弊社では、損害賠償保険(対人・対物)に加入しています。使用するドローンは高性能な機体で墜落することはほぼありませんが絶対ではありません。飛行の安全を第一に考え計画した上で、万が一のためのリスクヘッジも行っています。尚、今まで墜落や事故等は一度もありません。

飛行までの流れ

1 お問い合わせ

お問い合わせフォームより必要事項入の上、ご連絡ください。パソコン・スマートフォンいずれからでもお問い合わせ可能です。

2 打ち合わせ・撮影場所の事前確認

お客様がどのような空撮素材をご希望するのかを確認した上で、撮影計画を作成します。また、安全の確保、飛行計画作成のため事前に現地の確認を行います。

3 お見積もり

見積書を作成し、お客様から発注書を頂戴致します。

4 撮影・納品

飛行計画に沿って撮影をします。天候等の条件により延期する場合があります。撮影したデータを納品します。編集がある場合は制作した空撮素材を納品します。

      

お問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォームより必要事項入の上、ご連絡ください。パソコン・スマートフォンいずれからでもお問い合わせ可能です。

空撮お問い合わせフォーム